1. ドメイン所有確認

レンタルサーバー/業者

DNS(TXTレコード)による所有権の確認 http://www.adminweb.jp/wmt/setup/index4.html

https://www.slideshare.net/causeless/dns-14621228

DNS権威サーバサービスで所有権を確認しているところは少ないとか。

そこで、所有権を確認しないでも、安全にサービスできないかを検討する。

簡単に見つかる。

例えば、co.jp であれば、co.jp 直下のドメイン名だけ登録を認めることにすればよい。

こういう運用はTLDによって異なるから、網羅するのは面倒ではあるが、 所有権を確認する必要がないという利点がある。

現在のさくらにしても、JP TLDの登録を排除するなどの検査はしているだろう。 -- ToshinoriMaeno 2012-06-15 23:27:50

1.1. Google

https://eval-error.hatenablog.com/entry/2019/05/07/164955

私が利用していたDOZENSやGoogle Cloud DNSではドメイン名の権利確認をしているので、 権利確認しないサービスがたくさん存在することに驚いた!

ただ、上記のDOZENSやGoogle Cloud DNSの権利確認は、「現在の権威DNSサーバに指定のDNAMEにTXTレコードに指定のランダム文字列を記載させる」方法だった。(他の方法もあったけど使っていない)


つまり、新規作成には適用できない。

1.2. minibird

他社管理の独自ドメインを設定する。 http://www.minibird.jp/man/domain_add_other.php

独自ドメインを設定するには、ドメイン所有者確認のための認証を行う必要があります。
他社サービスにて管理中の独自ドメインを設定する場合、運用状況によって適切な認証方法が異なります。
下記をご参照の上、ドメインの状況に合わせて手続きをお進めください。

Whois認証の場合の独自ドメイン設定 (危ない!)

メール認証の場合の独自ドメイン設定 (危ない!)

Web認証の場合の独自ドメイン設定 (危ない!)

-- ToshinoriMaeno 2017-05-29 00:51:42