djbdns は関連RFCを注意深く検討して実装されたDNS サーバです。

BINDの呪縛 : BIND を通じて得た DNS の知識にはまちがったことが含まれています。

DNSを原理から勉強して、システムを再検討することをお勧めします。

djbdns に関する誤解集

グローバルIPアドレスがひとつではdjbdnsを動かせないという誤解:

tinydnsとdnscachexを同じホストで動かせないという誤解:

tinydnsと同じIPアドレスでは動かせません。

dnscacheを公開 サーバにしてはいけません。

daemontoolsがなければ動かないという誤解:

tinydns/cdbについて:

(ゾーン転送用あるいは tcp 接続用に) axfrdns を動かさなければならない:とんでもない。

nslookupが使えないという誤解: nsookupをデバッグツールとして使わないことはいまや世間の常識です。:-)

情報が少ない:

余計なひとこと:雑誌の記事は本より程度が悪いことが多いようです。 頭の栄養にはおいしいものを食べた方がましかもしれません。

一元管理が大変(?):理解不能、こういうページは読むだけ無駄です。

大規模サーバで使えない: 誤解というより、悪意のデマ。 Blurbを御覧ください。


Some of what is said about djbdns is wrong.

世間では BIND が使われている: DNS を理解して設定していますか。

djbdnsの日本での利用状況もご覧ください。 googleで "powered djbdns" を検索してみるのもいいでしょう。