DNS/脅威/共用ゾーンサービス/JPRSについて、ここに記述してください。

/ランチセミナー

前野がさくらのサービスで気づいたものだが、そのことについてはまったく触れられていない。


1. 最初の警告

https://jprs.jp/tech/security/2012-07-04-risk-of-shared-dns.pdf

「ドメイン名ハイジャック」及び「DNSポイズニング」の危険性に関する一連の注意喚起について +緊急対策のお願い 2012年7月4日

要点は「誰でも何でも登録できるゾーンサービスがほとんどなので、気をつけようにも気をつけられない」ということです。

JPRSとしては、そうは言えないから、苦労している。

-- ToshinoriMaeno 2017-12-15 00:32:13

2. 最初の警告

http://jprs.jp/tech/security/2012-06-22-shared-authoritative-dns-server.html

(タイトルがおかしい)

-- ToshinoriMaeno 2017-12-13 01:41:54

3. 実装の欠陥と運用の不備

親子関係にあるゾーンが同一のゾーンサーバーによってサービスされているときに、

この問題を回避するのには、運用によって登録できるゾーンを制限する必要がある。

その制限を行っていなかったのが、さくらのサービスだった。

-- ToshinoriMaeno 2017-12-14 09:51:26

4. 2012/12

親の心子知らず? 委任にまつわる諸問題について考える Internet Week 2012

-- ToshinoriMaeno 2019-04-05 15:43:44