1. DNS/ドメイン名

1.1. ドメイン名の形式

moin.qmail.jp を例にすると、ドメイン名はピリオド("." ドット)で区切られていると考え、 個々の部分(moin, qmail, jp)を/ラベルと呼ぶ。

BINDなどのゾーンファイルでは "moin.qmail.jp." と最後にピリオドを付けたものが使われる。

最後に位置している "jp" はccTLD (country code top level domain) であり、日本を表している。 jp ccTLDは JPRS (レジストリ)に管理が委託されている。

qmail.jp は ccTLD 下の汎用JPドメイン名のひとつであり、前野がJPドメインレジストリに登録しているものである。

moin はqmail.jp ドメイン内で定義された名前(ドメイン名)である。

RFC1035ではラベルは英数字かハイフンから成ることを勧めているが、 これは既存のarpa host名との相互運用のために要請されているものであり、 DNSとしての制限を意味するものではない。

クイズ: http://1.166.60.150.in-addr.arpa. はドメイン名である。

RFC 1035: 3.5. IN-ADDR.ARPAドメイン IN-ADDR.ARPA domain

実際にはその後の拡張で、いろいろな使い方が認められている。--> RFC ***

11. Name syntax

1.2. 重複を避けるための仕組み

DNSは実験として始まった。

そのために提案されたもののひとつがDNSである。

重複を避けるための手段として、それぞれのホスト名は「ひとつの大きな木」の 一部であるとみなすことにした。

/登録 排他的利用というよりは重複防止の仕組みである。

1.3. 分散管理するための仕組み

/登録の仕組み

1.4. 間違いの解説

入門者は読んではいけない。 https://rs.fitallright.com/what-is-domain/

1.5. DNS RR

ドメイン名にはDNS 資源レコード(セット)を付けることができる。

どういう(資源)レコードが登録されているかは、以下のようなDNS検索コマンド(dnsq)を実行してみれば分かる。

#dnsq any moin.qmail.jp

255 moin.qmail.jp:
47 bytes, 1+1+0+0 records, response, noerror
query: 255 moin.qmail.jp
answer: moin.qmail.jp 71192 A 14.192.44.5

-- ToshinoriMaeno 2012-11-18 07:27:19

watchNS/qmail.jp