1. レンタルサーバー

種別の解説(CPI) https://shared-blog.kddi-web.com/server/18/

1.1. 引越

/転居手順 には問題が多い。 サーバー証明書が加わって、より複雑になった。

  ネームサーバーを移転する必要はない。
 特にDNSサーバーを同時移転するのはまずい手順だ。

/転居手順/業者説明 を見て、現状の問題点を知ってください。

/業者/世界の業者 を見ると、DNS(ゾーン)サーバーの移転を解説しているものは見つけていない。

トラブルなく引越できるひとはその技術の重要性を知らないのか、わざわざ記事にしない。

トラブルを起こした例は多いが、それを解決する方法は書かれていない。

1.2. 証明書

サーバー証明書を置く場所も問題になる。

レンタルサーバーの始め方 https://rs.fitallright.com/

1.3. サービス内容

レンタルサーバーにもいろいろな種類がある。HTTPSサイトの移転時に影響する。

https://webseeya.com/rentalserver/jetboy-review/

1.4. サービス対象を管理するのは

それぞれが他のものを兼ねていることもあるが、区別して考えましょう。

サーバーとドメインのセット契約の注意点 https://sitemove.surv.co.jp/1127

1.5. 移転のトラブル

「浸透待ち」が(web)サービス[/移転]]時に多いようなので、調査を再開する。 -- ToshinoriMaeno 2017-11-15 03:50:53

/移転手順

2. ネームサーバーを移転する必要はない

手順にはネームサーバーを移転させるように書いてあっても、実際には必要ないサービスがある。

xserverに関しては実例が存在することは確認ずみだ。watchA/dnsv/tkofficial.jp

kagoyaは手順にも必要ではないと書いてある。

hetemlでも、watchA/muumuu/2-dimesion.net という実例がある。 -- ToshinoriMaeno 2018-10-24 14:01:35

さくらも大丈夫らしい。(dnsv NSを使っている利用者は多数ある。)

2.1. ネームサーバーを要求するサービス

ConoHaはNSもconohaでないとだめらしい。

2.2. 同時移転はやめよ

/同時移転はやめよ DNS(ゾーン)サーバーの移転とその他のサーバーの移転とを分けることが重要である。

悪い見本の例: http://takessii.com/?p=5575

2.3. レンタルサーバーDNSの分類

DNSサービスを提供しているのがどういう業者かという観点からの分類

  1. DNSサービス専業
  2. レジストラ/レジストリ(ドメイン販売業者)
  3. 一般レンタルサーバー
  4. webサーバー

webサーバーとDNSサービスを一体にしてサービスする業者がほとんどだ。

これらの他に自前でDNSゾーンサーバーを動かすという選択も可能である。

2.4. 転入

/業者 /サービス DNS/脅威/共用ゾーンサービス/危険性

/Meltdown/Spectre

2.5. 移転手順の検討

移転元で作業に必要な/DNS設定ができるかが重要である。それにより手順が変わってくる。

-- ToshinoriMaeno 2017-11-15 11:25:17

webサーバーの移転のはずが、webサーバーだけでなくDNSサーバーもいっしょに移転している場合が多い。

-- ToshinoriMaeno 2017-11-16 01:17:05

/同時移転はやめよ


以下は古い記事です。2012年にさくらDNSの脆弱性を指摘したときの対応がひどかったので、契約終了しました。


.qmail.jp は sakura.ne.jp の VPS(CentOS) を利用しています。

DNS, mail, web すべて自前でインストールして、昨年9月から動かしています。

-- ToshinoriMaeno 2011-02-04 04:27:00


/引越するとしても基本から作り直すので、いわゆるDNS/浸透いうな!のような問題は起きないはず。

2.6. WordPress引越

All-in-One WP Migrationが動かない! ~WordPressでサーバー引越に潜む罠と対処法

https://kimoota.net/all-in-one-wp-migration/

Moin2Qmail: レンタルサーバー (last edited 2021-11-18 02:31:42 by ToshinoriMaeno)